Sponsored Link

都市ガスとプロパンガスの違いについて詳しく書いてみました

Pocket

gasu
こんにちは、だいぶ久しぶりの更新となってしまいました。

以前からこちらの記事を書いておこうと思い、ついつい忘れてしまい月日の流れる事、早約一年。ようやく書くことが出来ました。今回は都市ガスとプロパンガスの違いについて書いてみました。

宜しければご参照ください。

Sponsored Link




ガスの料金が違う3つのポイント

都市ガスとプロパンガスの料金が違う点は大きく分けると3つあります。こちらでは都市ガスとプロパンガスの料金の違うポイントについてご案内していきます。

1.公共料金と自由料金

都市ガスとプロパンガスの料金が違う理由の一つとして、ガスの供給会社の違いによって料金に差が出てきます。

都市ガスの場合は国や地方公営企業が供給するものであり、ガス料金の変更等には許認可が必要で「公共料金」の一つとされております。対してプロパンガスは料金の設定や変更に許認可などが必要のない一般企業が供給しておりますので、ガス料金の設定等は比較的自由となっております。

ガス料金の値上げなどが容易にできない都市ガスに対して、自由に料金設定のできるプロパンガス。

プロパンガスの料金は会社により様々で、すべてのプロパンガスが都市ガスより高いという事ではありません。プロパンガス会社は家主や建築主にプロパンガス導入してもらうために給湯器やガスコンロ、設置費用やその他のメンテナンス費用をすべて無料にする会社もあれば、利用料金は都市ガス料金と同等の会社もありサービスの内容に各社特色があり料金設定も様々です。

プロパンガスの料金が都市ガスより料金が高いといわれる一つとして「料金設定が自由にできる」こと。そしてプロパンガスを導入してもらうために様々なサービスを行い、サービスの結果、前述した導入時のコスト回収が必要となり料金に反映させていることが挙げられます。

またプロパンガスの場合は設置後、ボンベ交換が必要になるためその費用もガス料金に考慮する必要があります。例えばプロパンガスの会社から50km離れた地域へ交換しに行く場合などは、移動費用や人件費等も考えた料金設定にする必要があります。

2.導入コストと住まいの料金

ガスと「住まいの料金」は密接に関係してます。分譲マンションなどはほとんどが都市ガスかオール電化のため住まいの料金として分かりにくいのですが、賃貸の場合は「住まいの料金」に直接影響するので分かりやすいのでそちらでご案内していきます。

まず都市ガスを導入する際にコストがかかります。そのコストは施主である家主の負担となり、賃貸アパートや賃貸マンションを事業として成立させるために賃料に反映させなければいけません。対してプロパンガスの場合は都市ガスに比べ簡易に設置でき、導入コストもプロパンガス会社が負担するケースが非常に多いのでプロパンガスのアパートやマンションは賃料に影響することは少ないと言えます。

例えば隣同士に同時期に都市ガスとプロパンガスのアパートを建築した場合、全く同じ間取り・設備でも建築コストが全然違いますので賃料設定も大きく異なり差が出てきます。ガスの導入コストは都市ガスの場合は住まいの賃料に影響し、プロパンガスの場合の導入コストはガス料金に影響してきます

3.種類の違い

都市ガスとプロパンガスの料金の違いがあるのはガスの種類が違うという点があります。都市ガスはメタンを主な成分とした燃える気体で、プロパンガスはプロパン・ブタンを主な成分とした液化石油ガスです。

都市ガス、プロパンガスともにほとんどが海外からの輸入に依存しており日本に運ばれます。輸入先の国や輸送方法も異なり、ガスの持つ特徴や性質・熱量なども違います。

熱量の違いはプロパンガスは都市ガスの約2倍の熱量があり、発熱量をみるとプロパンガスの方が都市ガスより優れております。家庭で使用する際などは都市ガスのコンロなどはプロパンガスより多く供給できるように作られているため熱量に差があるのは分かりにくいかと思います。

またガスの種類が違いますので、都市ガスで利用していたコンロをプロパンガスに使用したりすることができません。ガスコンロなどはガスの種類毎に専用に作られていますので注意しておく必要があります。

ガス料金の比較

こちらでは仙台市ガス局、一般財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センター公表のデータを基に都市ガスとプロパンガスの一般的な使用料、平均値での料金の比較してみたいと思います。

比較表

都市ガス プロパンガス
使用量(㎡) 17 8.1
基本料金 636 1,770
従量料金 2,939 4,973
合計金額 3,575 6,743

※ガス使用量は一般契約かつ集合住宅での平均値を使用、プロパンガス使用量は都市ガスと同様の使用量にするため都市ガスの使用量をプロパン換算しております。

※基本料金は都市ガスは仙台市ガス局、プロパンガスは石油情報センター公表の平均値を適用しております

※従量単価は都市ガスは仙台市ガス局、プロパンガスは石油情報センター公表の平均値(614円)を適用しております。

注意点

比較表は公表データの平均値を基に算出しております。プロパンガスの会社によって基本料金や従量料金に大きく差がありますので、詳しく知りたい方は各プロパンガスの会社のホームページなどで比較ください。

また、使用量については都市ガスを基準にプロパン換算しております。前述した熱量の違いによって使用する量に差が出てきます。プロパンガスの熱量は都市ガスの約2.1倍となっているため同様の使用量を想定した際の数値となっております。

Pocket

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link

このページの先頭へ