Sponsored Link

【賃貸】連帯保証人がいるのに保証会社に加入する理由

Pocket

hosyou renntai

「保証会社に加入するのに何で連帯保証人もつけるの?」

解答に困る質問のひとつではあります。

ここ数年で「連帯保証人をつけて保証会社も加入する」という入居条件も増えてきました。このような募集が増えてきたのには「理由」があって増えてきました。

今回は連帯保証人をつけて保証会社に加入するという募集形態についてひとつ一つご案内していきます。

宜しければご参照ください。

Sponsored Link



保証会社利用のメリット

 
保証会社は「連帯保証人がいない人の為の」保証システムだと思っている方も多いかと思います。

保証会社が出始めた時は「連帯保証人が立てられない」「親が定年」「身寄りが無い」人などが保証会社を利用していることがほとんどでした。

しかし現在は多くの物件に、入居条件として「保証会社の加入必須」「保証会社加入要」など保証会社への加入が求められるようになってきました。

実際に部屋探しをしているお客さんにこのような話を頂くことがあります。

●自分にメリットの無いものにお金を払うの?

●家賃滞納しなければ保証会社加入は不要でしょ?

●収入はあるのに信用がないの?

●連帯保証人つけるのに保証会社に加入するの?

保証会社に加入することによってメリットがあるのは賃貸人・管理会社です

でもメリットがあるのは賃貸人・管理会社なのに、費用を負担するのが賃借人という事に納得のいかない方が多くいらっしゃるかと思います。

以前の保証会社は「連帯保証人のいない人」の為の保証システムでしたが、現在は保証システムの利用方法そのものが変わってきております。

前述のように、入居の条件としての利用するところも多くなってきました。

保証会社を加入の条件として募集するようになった経緯については次のようになります。

モラルの低下と滞納の増加

 
長くオーナー業をしているオーナーより、このような話がありました。

「昔は家賃が遅れそうなときや遅れた時は電話なりあったけど、今は電話すらないし電話しても折り返しの連絡もこない」

「モラルが低くなった」「常識がない」旨の話だったのですが、このような話は昔に比べて非常に多くなってきました。

人との繋がりが薄くなってきたからなのでしょうか。当たり前のことが出来ない人が増えてきたように思えます。

不動産の実務に携わっていると、こういったモラルの低下した実態に多く触れることができます。

●10世帯のアパートで1年間に1度も家賃滞納をしたときが無い人が誰もいない

●家賃1ヶ月遅れがマンション入居者の半数以上

●電話したらでない、折り返し電話してくる人は2割ほど

●「来月払います」とだけでショートメールで連絡が来る

家賃を毎月決まった期日までに払わなければいけないという意識や、契約を守らなければいけないという意識が昔と比べたら格段に少なくなっている印象を受けます。

気軽に家賃を滞納出来てしまうほど、家賃滞納は多くなってきてます。

保証会社への加入が必須となってきた背景には、このような賃借人のモラルの低下、家賃滞納の増加などが挙げられます。

保証会社利用の変化

 
前述のようなこともあり賃貸不動産業界では、保証会社への加入を必須として募集するのが増えてきました。

しかし初めは「保証会社のみ加入」で連帯保証人は付けてはいませんでした。

保証会社加入と連帯保証人の両方を付けるようになった背景には、このような事が挙げられます。

●リプラス、MAGなどの大手と言われる保証会社の倒産

●賃借人の抑止力として連帯保証人をつける

1つは当時大手と言われていた保証会社が次々と倒産していき、管理会社は連帯保証人なしの状態になってしまった契約を抱えることになってしまいました。

このことにより管理業務は一気に煩雑になってしまい、「保証会社のみ」の利用見直しが必要となりました。

また2つめは賃借人のモラルが低下したことにより様々なトラブルが多くなってきました。

例えば

●夜に大声で歌ったり踊ったりする音に関するトラブル

●契約駐車場に友人の車を無断駐車

●壁を力強くドンドンと叩く

●共用通路を物置代わりにする

などなど挙げていくと、きりがありません。

本人へ連絡すると電話にでない、折り返しの電話もない、居留守など連絡のつかない事など多数あります。

このような状態を事前に防ぐため、トラブルの抑止力として連帯保証人をつける管理会社が多くなりました。

でも何故、連帯保証人をつけるだけの契約ではなく、連帯保証人と保証会社の両方をつける契約が増えていったのでしょうか。

管理業務の効率化と安定した運営

 
これまで一般的だった連帯保証人をつけての契約から、保証会社加入の契約、保証会社加入と連帯保証人をつけての契約とシフトしていったのはいくつか理由があります。

●家賃滞納督促などは時間がかかるため、管理会社が保証会社へアウトソーシングしていった

●これまでの連帯保証人だけの契約では家賃回収が困難、時間がかかるようになった

●連帯保証人が機能しないケースや認識がない、連帯保証人の責任を理解していない人が多くなった

●保証会社加入により安定した運営ができるようになった

●保証会社の免責があるため連帯保証人をつけて補填

基本的に保証会社は賃貸人・管理会社のためのシステムです。

しかし保証会社の利用が一般的になった背景には、賃借人の問題が多くを締めています。

しっかりと契約を守り、コミュニケーションがとれ、モラルある行動や言動を、私たちの親世代のようにしていれば、保証業界もここまで大きくなる事はなかったと思います。

実務をやっていて、保証会社加入と連帯保証人をつけるような契約は非常に面倒なのですが、このあたりは仕方ないのかなと思ってます。

 

関連記事

Pocket

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link

このページの先頭へ