Sponsored Link

【賃貸】ネットで部屋を探すときに気をつけておきたい6つのこと!

Pocket

large_15392785052

部屋を探すとき「部屋探しサイト」などで探されると思いますが、「ネット」のみで探すと見つからない事も多くあります。

今回はネットで部屋を探すときによく陥りがちなことを踏まえた「気をつけておきたいこと」をご紹介します。宜しければご参照ください。

Sponsored Link



1.情報登録日・情報更新日の確認

部屋探しサイトの「SUUMO」や「CHINTAI」などでは物件情報の登録日、更新日が掲載されています。

SUUMOの場合は部屋詳細ページの上のほうに記載があります。

無題3

CHINTAIの場合は駐車場などの記載ページ付近にあります。

無題5

この情報登録日・情報更新日は、不動産会社がデータをSUUMOやCHINTAIに送ったり、更新した日にちです。

入稿の時間などにより反映に1日のずれが生じることもありますが、まずはここをチェックしてください。

情報が新しい

情報登録日や更新日より日にちが経過していなければ、情報はある程度新鮮な情報です。

空室・募集中の可能性が高いと言えます。しかし繁忙期であれば人気物件などは1~2日ほどで決まってしまう可能性が高くありますので随時募集状況は確認したほうがいいでしょう。

情報が新しい物件でも「土・日・祝日」を挟むと満室になってしまう可能性が髙いため注意は必要になります

情報が古い

SUUMOやCHINTAIなどの部屋探しサイトは入稿より2週間ほどは何もしなくても掲載されてます。

仙台では情報登録日・情報更新日より1週間以上経過した物件は「満室」になっている可能性が高いです。

ネットで部屋を探す場合に気をつけて頂きたい点は、情報登録日や情報更新日から期間が経過していると満室になっている可能性が高く、ネット上には決まってしまった物件でも数多く掲載されております

まずは掲載されている物件の「情報登録日・情報更新日」に気をつけてください

お気に入りの物件をネットで見つけても、問い合わせしてみたらすべて満室の場合などは「情報登録日・情報更新日」が古い物件だからというのも関係してます。

特に1月~3月の競争率の高い時期などは「情報登録日・情報更新日」の古い物件をネットで見ていても時間が無駄になってしまいますので、「情報の新しい」もので探した方がいいでしょう。

ネットで部屋を効率的に探すには?こちらへどうぞ!

⇒ 【賃貸】不動産屋も使ってる!簡単便利なネットでの賢いお部屋の探し方

2.入居可能日

 

指定がある場合

下のように入居日が指定のある物件についてですが

無題

この場合2014/12/13の時点で1月中旬入居となっています。

このような募集で多いのが12月末に退去して1月の中旬ころにリフォームなどが終わり入居できる状態の物件です。

入居可能日について気をつけて頂きたい点は2つありまして1つが2014/12/13時点では入居していて中が見れないこと。

もう1つが1月中旬入居可能の物件ですので3月から入居したい場合などは1月中旬より家賃が発生してしまう可能性があります

相談の記載は?

また部屋探しサイトによっては入居日の欄に「相談」の記載を使えるサイトがあります。

無題33

ここで気をつけて頂きたいのがお客さんの「入居希望日などに相談に応じます」という記載ではありません。

「相談」の記載で多いのが、退去日などは決まっているけどリフォームなどは実際に退去して部屋の中を見てみないと分からないような状態で、入居可能日が確定できない物件などに用いられます

部屋探しのベストなタイミングはいつ?こちらへどうぞ!

⇒ 【賃貸】効率的に部屋探し!探し始めのベストなタイミングはいつ?!

3.見積もり

Feel free to use this image just link to www.rentvine.com

ネットに記載されている情報がすべてではありません。

申込時などのトラブルを避ける為に気に入った物件がありましたら、担当の営業マンにおおよその「見積もり」を出してもらいましょう。

よくあるのが管理会社などが入居時の「付帯サービス費用」が契約時の初期費用に組み込まれることが多くあります

仙台の地元不動産会社では家賃の1ヶ月分以上もとっている事もありますのでご注意ください。

4.内部写真

 

部屋の写真

部屋探しサイトに掲載されている部屋の写真は、実際の募集中の部屋ではないことが多くあります。

不動産会社によって保有している部屋の写真が違うため断言はできませんが、ほとんどの場合は以前募集していた他の部屋の写真を使用しております。

繁忙期などは特に「退去予定」での募集をするため、募集の部屋の写真ではないこともおおくあります。

仕様が違う事も

下の写真は同じマンションの部屋の写真です。

54

221

築年数のある程度経過した物件などは特に多いのですが、管理会社や大家さんのほうで部屋の損傷や使用頻度により大幅にリフォームなどをしていることがあります

実際に部屋探しサイトで見ていた物件の写真と仕様が違う事もありますので気をつけて頂きたい部分です。

5.ネット掲載中の物件

large_2462966749

ネットに掲載している物件はすべて「募集中」の状態とは限りません。

部屋探しサイトはユーザーにとって無料で見れる便利なサイトではありますが、編集や入稿・更正をしているのはすべて不動産会社です。

掲載サイトの編集などは各不動産会社でしていますが、すべての掲載物件を随時更新することは非常に難しいと言えます。そのため「お問い合わせファーム」を設けたりしてます。

状況が常に変化していくのが不動産なので「掲載=空室」ではないことを念頭にいれて探しましょう

6.ブックマーク・プリントなど

large

気になった物件があったときに「ブックマーク」したり部屋探しサイトの「お気に入り」にいれたり、プリンターでプリントアウトする方も多いと思います。

「ブックマークやお気に入り」の登録している場合、登録している物件を不動産会社が情報更新すると「ブックマークやお気に入り」から消えてしまいます。

人気物件などの場合は各不動産会社は随時更新していきますので、更新の早い会社では情報更新から1日経過すればまた更新しますので違うURLになってしまいます。

プリントアウトした物件で熟考を重ねても繁忙期では1~2日で決まってしまいます。

ブックマークやお気に入りが外れてもすぐわかるように、部屋探しサイトなどで自分の検索条件をサイト内に登録して、気になる物件が更新されても分かるようにして頂くのがお勧めです。

Pocket

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link

このページの先頭へ