Sponsored Link

【賃貸】繁忙期の部屋探しで不動産屋に後回しされてしまう事例5選!

Pocket

large_7601346858

Sponsored Link




賃貸不動産屋の繁忙期

 

賃貸の移動時期

賃貸の移動時期は1~3月にかけてが最も忙しい時期になります。
新入生、新社会人、転勤、転職などが年度末に集中して移動するため、不動産屋にいって部屋を探すのは非常に大変です。

たとえば
「ネットでみた物件を問い合わせしたら決まっていた。他に違う物件を何件も問い合わせしたが全部決まっていた」
「不動産屋に予約の連絡をしても予約でいっぱいで予約がとれない」
「実際に不動産屋にいっても満席で対応してもらえない」

など「ネット掲載の物件」はすでに満室、不動産屋に予約も入れられない事もあります。

ネットで効率的に部屋探しをする場合はこちら

⇒ 【賃貸】不動産屋も使ってる!簡単便利なネットでの賢いお部屋の探し方

不動産屋の繁忙期の状況

仙台の場合は1~3月に仙台に来るかたが特に集中しております。そのため営業マン1人あたり1日に3~6組のお客さんを予定に対応できるだけびっしりと入れます。

併せてメールや電話の問い合わせの対応を1人あたり1ヶ月に400~700件を対応していきます。

イメージとして洋服店などのバーゲンセールのような状況が3ヶ月間毎日続くのが不動産屋の繁忙期です。

営業マンの優先順位

各不動産会社の営業マンは繁忙期にしっかりと売り上げを上げないといけない為、大勢のお客さんの中から優先順位をつけて対応していきます。

次々とお客さんがくる状態で、具体性の薄いお客さんや怪しいお客さんなどは優先順位を低くし効率よく営業活動ができるように動いております。

繁忙期の部屋探し

繁忙期は物件が目まぐるしく入れ替わります。
ネットに掲載してある情報のほとんどがあてになりません。

不動産会社の営業マンは数多くの情報をもっております。部屋探しをするときに営業マンを上手に活用することが「いい部屋」を見つけるポイントともなってきます。

いい部屋を見つけられる人の特徴はこちら

⇒ 【賃貸】「3つのタイプ」でみる繁忙期にいい部屋を見つけられる人!

賃貸不動産屋に後回しされる事例

 
Modern Dining room featuring Urbana color hardwood floor (Alive Series-Red Oak) For more information, visit www.miragefloors.com Furnitures coming from Meubles Design-La Maison du futur White Leather sofa Glass table Zuo Modern Orange Leather chair Zuo Modern White Leather chair Standing Lamp with pole Furnitures coming from La Galerie du meuble Contemporain tulip-shaped chairs and table Buffet Dishes: Zone Orange Standing Lamp: Multi-Luminaire

1.怪しい

不動産屋は大家さんや管理会社との取引を重要視します。大家さんの1棟何千万円何億とする資産に「得体の知れない人」を紹介するのは非常にリスクがあります。多くの不動産屋は常識があって入居後も問題を起こさない人に紹介したいと考えているはずです。

来店時のアンケートに名前・住所・連絡先を書かない人などは不動産屋に怪しまれますのでちゃんと書いたほうがいいでしょう。

アンケートは不動産屋に来店した時に初めて行う行動です。
このアンケートって実は1つの基準になっています。
不動産会社の営業マンはアンケートで名前や連絡先を書かない人に対して、これから「時間」を使う価値があるのかを見極める材料にもしております。

2.連絡方法がメールのみ

後回しにされる最有力なのが連絡方法がメールのみの場合です。
電話で1分で済むことでもメールの場合は作成に時間がかかる上、条件を聞いて類似物件を紹介するにも時間がかかります。

繁忙期はメールでやりとりしている間に希望の物件は決まってしまいます。
時間のかかるお客さんの優先順位は必然的に低くなります。ちなみに不動産屋の営業マンの優先順位はこのようになります。

来店>電話>>>>>>>>>>>メール

また連絡先がメールのみの場合、不動産屋の営業マンはメールをしてもレスポンスが悪いことも知っているので後回しにされることは間違いありません。

3.モラルが低い

お客さんに物件を紹介する一方で家主や管理会社と継続的な取引があるのが不動産屋です。

不動産屋は家主や管理会社との取引上入居後のトラブルを嫌います。そのため電話や来店時にはある程度お客さんを精査します。

モラルが低かったり、常識から外れるような言動があれば「入居後にトラブル」になる可能性は高いと言えます。

ある営業マンはモラルの低い人を入居させてしまったため、他の入居者が退去してしまい、大家さんに損害を与えてしまって毎回大家さんに怒られている営業マンもおりました。

モラルが低い=トラブルになりやすいため敬遠されやすいです。
不動産屋は目先の売上よりも家主や管理会社との取引のほうが重要です。

4.夢の部屋を探している

よくいえば理想が高い。
でも実際には「現実が見えていない」「状況把握力がない」このタイプの人は時間がかかります。

不動産屋を何件もまわって「そんな部屋ない」と言われてもくじけず探し続ける人。

仙台にも何ヶ月も探し続けている「お宝ハンター」のような人がおりますが不動産は家賃相場相応のものしかありません。

繁忙期は時間との勝負になります。
しっかり現実をみてお部屋探しをしましょう。

5.無職

仙台は無職の方の申込は非常に厳しいです。
結構高い確率で審査が通らないかと思います。

無職だから親を契約者にというのもNGですので何かしら就職先やアルバイト先などを決めた状態でお部屋探しをした方が効率的に探せます。

仙台の場合は先に部屋を探してから仕事を探すはNG率高いので注意しましょう。

Pocket

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link

このページの先頭へ