Sponsored Link

【賃貸】初めての部屋探し!ちょっと聞きにくい基本的なこと!

Pocket

origin_2908076910

Sponsored Link




部屋の表示について

ワンルーム

キッチンと部屋との境目がない物件を言います。1Kとワンルームの違いはキッチンと部屋に壁の有無によって表示が違ってきます。実際の間取り図では下図のようなものをワンルームといいます。

32

1K

1Kは部屋とキッチンが独立しているタイプの間取りを指します。上のワンルームと比較して頂くと分かりやすいのですが1Kは部屋とキッチンの間に壁で間仕切りがしてあるため居室とキッチンが分けられております。

メリットは部屋とキッチンが分けてありますので料理をした後の臭いなど居室部分に入りません。また居室部分が独立しているためエアコンなどがききやすく節電にもつながります。

31

1DK

DKの意味はダイニングキッチンのことを指しておりDKの部分で食事などができるくらいの広さがあります。1kのキッチンは一般的に2~3帖程度ですが4.5帖以上の広さがあるキッチンスペースをダイニングキッチンと言います。

たまに問い合わせ頂くこともあるのですが1DKは単身用物件になっております。そのため契約書約款なども単身用に対応してあり2人の入居などは出来ないのが一般的です。

35

1LDK

1LDKは居室部分が1部屋とLDK(リビングダイニングキッチン)がある物件を指しておりLDKの定義は部屋探しサイトのSUUMOやCHINTAI-NETの場合は8.5帖以上の広さのあるものをLDKといいます。

管理会社により9帖あってもDKの表示をすることもあります。1LDKから2人~3人での入居は可能ですが、中には単身者限定の1LDK もありますのでご注意ください。

アカシア

単位について

専有面積

部屋探しサイトをみると【専有面積○○㎡】や【専有面積○○平米】などの記載があります。
専有面積は居室・クローゼット・トイレ・キッチン・浴室・玄関などをすべて含めた床面積のことを指します。たまにお問い合わせ頂くことがあるのですが、ロフトの部分は専有面積には含みませんので少しだけ得した感じになります。

ちょっと古い物件資料などの場合は、坪での表記になっていることもあります。
1坪=3.30578㎡となっております。畳2帖分をイメージしてください。おおよそそのくらいの大きさです。

1間(いっけん)

お父さんお母さんの年代で使われることが多く、案内の時にお母さんが「押入れ一間あるんだ」なんて言うと「お母さん一間って何それ?」という微笑ましいことがあります。

1間は1辺1.81メートルの正方形のことで現在はあまり使いませんが覚えておいて損はありません。

契約内容について

敷金

敷金は大家さんに預け入れるお金です。主に担保としての役割を担っており「家賃未払い分」や「借主負担分修繕費用」などの未払い発生に備えた担保として利用されます。

家賃滞納や借主負担部分の修繕費用がなければ敷金はそのまま返還されるお金になっております。

礼金

大家さんへ支払うお金で戻ってこないお金となっております。礼金の使い道は大家さんによって様々になっております。
建物の維持管理費や居室の設備費用に投資したり、礼金を貰う代わりに家賃を下げて募集するなど大家さんによって用途が違います。

仲介手数料

仲介手数料は不動産会社への報酬額です。上限は家賃の1ヶ月分プラス消費税と決められております。
大家さんとの直接契約であれば仲介手数料は不要となりますが、個人の大家さんが不動産会社を通さず契約を結ぶのはリスクが高い為敬遠されます。

家賃の支払い時期

家賃の支払いは「翌月分を先払い」と決まっております。たとえば1月分の家賃であれば12月末までに支払い義務があり1月1日になった時点で家賃滞納ということになりますのでご注意ください。

大家さんや管理会社によって支払期限が異なる事もありますので「契約書の家賃の支払い」項目をチェックしておきましょう。

 

関連記事はこちら

【賃貸】一人暮らしを始めるときにかかる初期費用と引っ越し料金

【賃貸】契約までの基本的な流れと各種手続き

 

Pocket

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link

このページの先頭へ