Sponsored Link

【賃貸】保証会社の審査落ち、審査が通らない理由

Pocket

large_61534814

最近では賃貸借契約時に、保証会社の加入が必須という募集条件が非常に多くなってきました。

今回は保証会社の審査に落ちた場合、保証会社の審査の否決の項目をまとめております。宜しければご参照ください。

Sponsored Link




保証会社審査落ちの理由

 
保証会社は入居審査をするときには、様々な基準をもうけ基準に照らし合わせて審査していきます。

保証会社により基準の違いがありますが、審査否決、審査が通らないなどの理由となる部分をまとめてみました。宜しければご参照ください。

生活保護

生活保護受給者でも保証会社の審査は要件を満たせば通過します。

こちらでは、生活保護決定通知がすでにある場合で、審査が通らない場合の主な例をご案内します。

電話・連絡先等

保証会社の審査では、現在または転居後も電話が無い場合は審査否決になる可能性が高いです。

理由として電話が無い場合に滞納時連絡がつかない為、現地まで督促に行かなければ回収ができなく、人件費やコストの面を考えると採算が合わない為断りになります。

大手と言われる保証会社や、ある程度名前の知られている保証会社であれば審査通過は厳しいとみていいでしょう。

保護理由

生活保護の理由が「精神疾患系」などの場合は審査否決率は高いです。

通らない理由として滞納時督促をしたときに、会話にならなかったり、情緒が不安定なため保証会社の社員が督促時で訪問した時に危険性が有る為です。

こちらも大手と言われる保証会社や、ある程度名前の知られている保証会社であれば審査通過は厳しいとみていいでしょう。

緊急連絡先

緊急連絡先が「三親等」以外の場合は審査が通らない可能性が高くなります。
理由として挙げられるのが、部屋などで亡くなったり夜逃げの場合に部屋に荷物が残ります。保証会社は残置物撤去費用も保証しているため相続できるひとや親身になって動いてくれる人がいないとリスクが高いためです。

亡くなった場合、部屋の荷物は遺品となる為保証対象外となる保証会社もありますので大家さんはご注意ください。

無職

預金残髙

保証会社の審査では無職でも要件を満たせば通りますが、必要書類で通帳の写しや支払根拠(仕送りなどの金額)が必要になってきます。

家賃の金額や申込者の年齢などにもよりますが、最低限として契約金をすべて支払った残金で半年間は家賃を支払いながら生活できる金額が欲しいところです。

信販系の保証会社は審査通過は難しいとみていいでしょう。

転居理由

求職中の場合は都心部に仕事と併せて部屋も探したりする方もいますが、一般的に考えて無職の状態での部屋探し・住替えは「何故?」という疑問符がついてきます。
「家賃滞納でもして追い出されるの?」「大家とトラブル」などの決してプラスには働かない理由ばかりです。保証会社も転居に至る理由が明確でなかったりする場合は危険なため審査否決になることが多いです。

無職の場合の審査基準と部屋の探し方はこちら

信販系保証会社

携帯料金等の遅延

信販系の保証会社は会社によって審査の受け入れ幅が大きく違いますが、信販系はCICなどの信用情報を利用するため、過去に事故があったり、携帯料金(携帯電話割賦払い契約)の遅延がある場合は審査が通らないことがあります。

基本的に信販系保証会社は通常の保証会社よりは間口が狭いため、信販系では通らない案件でも他の保証会社は難なく通ることが多いので、審査が通らない場合は他の保証会社を利用したほうがいいかもしれません。

自己破産など

信販系保証会社は自己破産や債務整理などをしている場合は審査の通過は難しいでしょう。

信販系以外の保証会社であればCICなどの情報は関係ありませんので、信販系以外の保証会社で収入や緊急連絡先・保証人などの要件を満たせば普通に審査は通過しますので、信販系以外を利用したほうがいいでしょう。

身分証明証

運転免許証

保証会社の審査では運転免許証の右端の番号を見ます。
右端の番号は免許証を再発行した回数になっており、2以上であれば大手保証会社、名前の知られた保証会社、信販系保証会社などは審査通過は難しくなります。

保証会社の審査では身分証明書は運転免許証の提出以外にも、社会保険証や国民健康保険証などでも対応できますのでそちらで審査をした方がいいかもしれません。

国民健康保険証

保証会社の審査で国民健康保険証を見る時は発効日と有効期限を見ます。

有効期限が短期の場合は、国民健康保険の未払いがある可能性が高いため審査否決となる可能性が高いです。国保は義務の為未払いがあるのであれば「家賃の支払い」も遅延する可能性があるとして審査否決となることが多くあります。

家賃滞納歴

滞納期間

このあたりは保証会社によって基準が違いますが、毎月家賃を滞納していた場合は遅れていた日数によって判断します。

どの賃貸借契約でも翌月分を先払い、支払い期限は毎月末日(引き落としの場合などは27日まで)と決められているはずです。大手の保証会社などは振込忘れ程度で1週間ほど遅れた場合や遅れた回数が少ない場合は審査が通ることがありますが、毎月1ヶ月ほど遅れて支払っている場合などは審査否決になる確率は高くなります。

たとえ未納家賃を支払ってまた新たに保証会社へ申し込みしたとしても、保証会社としては少ない保証料で確実に滞納する人を審査を通すことは極めて少ないと言えます。

保証会社間の情報共有

保証会社間で滞納者の情報を共有することはありません。信販系はJICなどを見れますので滞納歴を知ることができますが、信販系以外はすべて別々の法人です。

そのため保証会社Aで家賃滞納をして新たに保証会社Bに保証申し込みをしたとしても家賃滞納歴は保証会社Bは知ることができませんので保証会社Bの審査基準にて審査することになります。

全国賃貸保証業協会(LICC)で共有する滞納データも夜逃げ訴訟などの悪質な滞納者のみの共有ですので、よほど悪質な滞納をして膨大な未納家賃を残してない限りLICCでの共有はされません。

保証会社が加盟している協会などの団体は宅建協会などと違い、各保証会社への影響は極めて少なく一般的な滞納者の情報共有などもありません。

家賃支払い比率

収入と家賃

保証保証会社の審査で落ちる場合の非常に多いのが収入に対して家賃等の合計額が高い場合です。

よく家賃は「収入の3分の1」などとありますが、社会保険料や税金など差し引かれる金額なども考慮しなければいけません。
保証会社は手取り収入で家賃を払いながら生活ができるのかを基準とします。

単身での生活費の全国平均は月85,000円、個人的な主観では月に約100,000円はかかってくる計算です。

家賃を収入の3分の1に抑えても手取り収入計算で全国平均の生活費で計算した場合、毎月赤字になることが多くあります。

詳しくは以前シミュレーションしておりますのでこちらをどうぞ

ルームシェア

ルームシェアには契約上のリスクが高い契約になっております。

契約者が結婚や転勤などで退去した後、残る同居者に家賃負担がかかる点や契約者が退去した後は契約者が不在の状態になってしまいますので契約のやり直しが必要になります。

契約者が退去すれば保証契約の終了など、入居者のどちらかが退去した場合はリスクが非常に高いです。

またルームシェアは「契約者の収入」のみで審査します。

同居者と半分ずつ家賃を払うのは当人間の約束ごとですが、保証会社の審査は契約者の収入しか考慮しませんのでご注意ください。

職業

保証会社の審査では職業は特に問いませんが下記の場合は保証会社によって審査否決になる事もあります。

水商売での虚偽申込

保証会社の審査では信販系以外であれば、水商売のかたも要件を満たせば審査は通ります。

しかし水商売のかたでよくあるのが、虚偽での申込です。

例えばキャバクラ等の「事務員」や「ヘアメイク」などで申込書に虚偽の記載をすることです。仙台でも虚偽記載をする方がおりますが、申込書の虚偽記載は審査では否決になる事が多くあります。

一般的に考えて20歳~25歳前後の新入社員(事務員やヘアメイク)が月収30万円あり、家賃6万円や7万円のところを借りようとすると、保証会社に限らず「何故こんなに高い家賃が払えるのか」という疑問符がついてきます。

平均的な新入社員の給与額を考えると、よほど専門的な知識やスキルまたは固定のお客さん等を抱えていない限り、月額給与30万円や25万円、仙台などの地方都市は20万円も出す会社はいないでしょう。

年齢や経験に基づく一般的な給与額からかけ離れれば、保証会社は警戒し審査の慎重に行ったり「虚偽をする人」と判断し否決になる可能性も高くなります。

自営業・個人事業主

保証会社の審査では自営業や個人事業主でも、要件を満たせば難なく通過しますが、自営業・個人事業主でよくある下記のようなケースは否決になります。

確定申告

自営業や個人事業主の場合は毎年確定申告をしなければいけません。

たまに職人さんや自営業のかたでいるのですが、確定申告をしていない場合や申告額がかなり低い場合があります。

申告していないけど収入はある、申告額は少ないけどもっと収入はある、という話を聞きますが、このあたりは虚偽の申告または納税を免れるための手段としてみられます。

保証を引き受ける保証会社もリスクがあるため、国民の義務である納税を虚偽、免れるための手段を行う人物を受け入れると言う事は少ないといえます。

そもそも、賃貸借契約は信頼関係の上で成立するものです。

未申告や虚偽申告は、どの保証会社も否決になる可能性は高くなっております。

入居審査に落ちたあとに次の部屋をさがす時の対策!

他にも保証会社の関連記事あります。宜しければこちらへどうぞ

審査落ちの理由は家賃設定が高すぎたのかも。家賃設定について

Pocket

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link

このページの先頭へ