Sponsored Link

【賃貸】一人暮らしを始めるときにかかる初期費用と引っ越し料金

Pocket

large_3655887487

賃貸物件を借りる時、敷金礼金、前家賃や引っ越し料金などなど新生活を始める時にはいろいろ費用がかかってきます。賃貸借契約時の初期費用や引っ越し料金の目安などをまとめてみました。

Sponsored Link




契約時に必要な初期費用

 
これから部屋探しをするかたは賃貸借契約時の初期費用がどの位なのかは、知っておきたい必須の項目かと思います。

一般的には下記のような費用が賃貸借契約のときに必要になってきます。

敷金・礼金

敷金や礼金がある場合は契約時に入居前までに初期費用としてかかってきます。

敷金礼金は、家主または管理会社へ支払う預入金と礼金となります。

募集図面やネットの募集広告などには敷金礼金の項目の記載があるので確認しましょう。
仙台の場合敷金と礼金併せて家賃の3ヶ月というのが多いです。

敷金について

敷金は家主・管理会社へ預入するお金です。

賃貸借契約上は「担保」としての役割があり、明け渡し時の家賃滞納や借主負担部分の原状回復費用がある場合に備えて預入するのが敷金です。

一般的には「戻ってくるお金」ということで認知されており、借主負担部分の原状回復費用や家賃滞納などが無ければ戻ってくるお金です。

礼金について

礼金は家主または管理会社へ支払うお金です。

こちらは敷金と違い「戻ってこないお金」です。礼金は家主や管理会社により様々な用途で利用するため、断定はできませんが昔の慣習どおり家主へのお礼のお金になったり、建物の長期的な補修や管理会社へのお礼金になったり用途は様々です。

保証会社保証料

保証会社保証料は家賃保証会社へ支払う料金で、募集の条件になっている場合は加入する必要があります。募集図面やネット広告で「保証会社加入要」と記載がある場合は加入が条件の物件です。

料金は保証会社により異なりますが初回保証料として家賃等合計額の50%~100%というのが一般的です。

保証会社加入について

お客さんからの質問で「保証会社に加入することによって何かメリットがあるの?」という質問をよく頂きます。

ここ何年かで、保証会社加入必須や保証会社加入要など募集の条件になっているのが多くなってきましたが、借りる人にとってのメリットはほとんどありません。

保証会社は賃貸人に対し家賃滞納時などの家賃を保証する商品を提供しているため、賃貸人または管理会社にはメリットがありますが賃借人にはメリットがありません。

保証会社についてはこちらをご参照ください

前家賃

初期費用として前家賃は必ず入ってくる項目となっております。賃貸の場合家賃等の支払いは「前払い」となっております。前家賃は入居する日にちや管理会社によって違いあります。

例えば入居する月の7日から契約であれば7日から末日までの日割り家賃のみですみますが、15日からの入居の場合などは15日から末日までの日割り家賃プラス「翌月の家賃も併せて」支払う必要があります。

目安として家賃合計額の0.7ヶ月分~1.7ヶ月分として考えてください。

前家賃について

契約時に支払う前家賃、「前家賃がどのくらい必要なのか?」は家主さんや管理会社によって異なります。

比較的多いのが「入居する月の10日まで」であればその月の日割り分のみで済むところが多く、入居する月の11日以降の入居の場合は翌月分も前家賃として請求されます。

前家賃の計算

こちらも家主さんや管理会社により異なりますが、一般的に多いのが家賃を「月の日数」で割り、入居する日数をかけて計算します。

「月の日数」で割る管理会社と「すべて30日」で割る管理会社もいるため若干の誤差が出ます。

例)家賃50,000円、5月7日入居の場合

●月の日数で割る場合

(50,000円÷31)×25日分=40,322円

●30日で割る場合

(50,000円÷30)×25日分=41,666円

家財保険料(総合保険)

家財保険なども契約の際は加入するのが条件となっているのが一般的です。家財・損害賠償・費用保険など総合した保険が主流となっております。

保険料は保険会社によりますが2年で15,000円~20,000円が一般的です。

仲介手数料

仲介手数料は不動産会社へ支払う報酬額です。

貸主との直接契約が可能であれば不要となる事もあります。一般的には仲介手数料1ヶ月プラス消費税が多いのですが、貸主と借主で折半して仲介手数料家賃の半月分プラス税もあり、物件や家主により様々です。

目安として家賃の54%~108%が目安となります。

その他費用

物件や管理会社などにより契約時にかかる初期費用は様々ですが、その他かかる費用として考えられるのは鍵交換代金、クリーニング代などが主な費用となります。

敷金0物件などは募集時に貸主側のリスクが高い為いろいろな項目が付加されておりますのでご注意ください。

敷金0物件の募集時にかかる主な費用はこちら


付帯商品にご注意

不動産会社は手数料商売です。とある大手フランチャイズのセミナーに参加したときこのような話がありました。

お金を取れるのは契約時だけなので契約するときに、できるだけ多くの付帯商品に加入させて売上の確保とアウトソーシングを図る。

ま、そうだよねと思いましたが、実際には不要な商品がたくさんありますのでご注意ください。

某フランチャイザーは主にこのような付帯商品を契約の条件として募集するのをお勧めしてました。

●24時間駆けつけサービス

●抗菌消臭施工

●インターネット&引越見積もり

初期費用の目安

賃貸借契約時の初期費用の目安としては、敷金と礼金併せて3ヶ月分の賃貸物件であれば家賃合計額の5.5ヶ月分から6ヶ月分を目安として準備をした方がいいかと思います。

初期費用早見表

家賃ごとに初期費用がわかる早見表を作ってみました。

早見表では一般的にかかる費用のうち、前家賃1ヶ月分・仲介手数料1ヵ月分プラス消費税・家財保険料15,000円をあらかじめ合計金額に入れております。敷金礼金ごとに合計金額の目安としてご参照ください。

A欄に敷金と礼金の合計額、B欄は契約の条件になっている場合にA欄にプラスして頂ければ目安の合計が出てきます。

家賃/条件 A B
敷礼なし 敷+礼=1 敷+礼=2 敷+礼=3 保証会社 ハウスクリーニング 鍵交換代
40,000円 98,200円 138,200円 178,200円 218,200円 20,000円~40,000円 30,000円前後 15,000円前後
50,000円 119,000円 169,000円 219,000円 269,000円 25,000円~50,000円 30,000円前後 15,000円前後
60,000円 139,800円 199,800円 259,800円 319,800円 30,000円~60,000円 30,000円前後 15,000円前後
70,000円 160,600円 230,600円 300,600円 370,600円 35,000円~70,000円 30,000円前後 15,000円前後

 

Aの内訳

敷金・礼金(黄色の欄より選択)+前家賃1ヶ月分+仲介手数料1ヶ月分消費税+家財保険料(15,000円)

Bの内訳

黄色の欄に契約の条件になっている項目があれば合計額に追加してください。

引っ越し料金の目安

 
large_14146464503

引っ越し料金は、引っ越し会社に見積もりを依頼した時に引っ越し日や距離、荷物料によって大幅に違います。

よくネットなどで一括見積などできるサイトがありますが、実際にやってみたところ3~4万円位の違いはありました。

また一括見積はとにかく「実際に荷物を見に行きます」が定番で、一括見積の会社から頻繁に電話がくるので手っ取り早く相場を知りたいときは、下記リンクがお勧めです。

ネットで即!おおよその見積もりが出るサイト!

引っ越し会社って結構ネットで即見積もりが出るところが少ないのですが、こちらは移動距離や荷物料、引っ越し日などを入力すれば簡単に見積もりがでます。

面倒な電話のやり取りや登録なども不要なのですごく便利です。

アーク引越センター引っ越しシュミレーション

荷物が少ない方におすすめ!

通常の引っ越しとはまた違うのですがクロネコヤマトは単身パックというサービスをやっております。

宅急便とおなじ考え方のため、料金は移動距離が多くても結構安くすみます。

メリットは繁忙期の引っ越しの時に引っ越し会社の「予約が取れず全部断られた」というときにはお勧めです。

今年お客さんで引っ越し会社が見つからないという方が何名かおりまして、クロネコヤマトに問い合わせたところ「扱いは宅急便なので基本的に単身であれば断りません」とお話頂き、毎年お客さんにお勧めしてます。

クロネコ単身パック

 

併せて読みたい一人暮らしで毎月かかる生活費は?

Pocket

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link

このページの先頭へ